新機能!Apple Payでできる様になったことと注意点

Apple Payで、新しくできるようになったこと

まずはApplepayの搭載により、新しくできる様になったことを簡単に説明させていただきます。

モバイルSuicaの利用

Applepayの搭載により、iPhoneをSuicaと連携させ、定期券としての使用やチャージして電車やバスに乗ることが可能になりました。そのため、改札でiPhoneをかざせば通れるという便利さが加わりました。

クレジットカードとの連携

クレジットカードとの連携により、他社で採用されていたおサイフケータイと同じような機能を持つことが出来ました。

それにより、以下の利用が可能となります。

店頭で、キャッシュレス支払いが可能

現在、QUICPayやiDが使える店舗であれば、クレジットカードを登録しているiPhoneで支払いが可能となります。

ネットショッピングの支払いが可能

ネットショッピングを利用する際にも、クレジットカードをわざわざサイト上で登録したり入力したりしなくても、Apple Payを選択するだけで事前に登録したクレジットカードに請求が来ますので、大変管理しやすくなりました。

Apple Pay使用にあたっての注意点

次に、便利になったiPhoneですが、Apple Payを使用するにあたっていくつか注意点をあげておきますので参考にしてみてください。。

モバイルSuicaの注意点

モバイルSuicaとしてApple Payを利用する場合の注意点は以下です。

定期券として使えるのは今のところ、JR東日本エリアのみ

定期券としてSuicaを使えるのは今のところ、JR東日本エリアのみとなっているため、iPhoneを定期代わりにするのはJR東日本エリアのみとなります。

ただし、定期ではなくチャージなどで普通に電車やバスを利用するだけであれば、ICOCAエリアなどほかの相互利用が可能な区間でも問題なく利用することが出来ます。

電源が落ちると全く使えなくなる

帰宅途中に、携帯の電源が切れてしまった…ということがよくある人は要注意です。
iPhoneは、一旦電池がなくなり電源が落ちると、モバイルSuicaも使えなくなります。
その為、電車に乗っている間に電源が落ちてしまうと、モバイルSuicaで改札を出ることが出来なくなってしまいます。

iPhone以外の従来のおサイフケータイ機能のスマートフォンのほとんどは、電池がなくなってもフェリカを起動させるだけの電池は残した状態で電源が落ちるようになっているため、電池が切れて電源が落ちても、完全に放電するまでは改札を通ることが出来るのですが、iPhoneについては残念ながら、電源が落ちた時点で改札を通ることが出来なくなるので注意しましょう。

おサイフケータイとして使う場合の注意点

おサイフケータイとして使い場合の大きな注意点として、ポイントの付与について触れておきます。JALカードSuicaを支払い用のクレジットカードとして登録する場合に限られますが、マイル精算に違いが出てくるので注意してください。

詳しく言うと、現在JALカードSuicaはファミリーマートやエネオスなど特約店での利用で、マイルが2倍溜まるというシステムをとっていますが、たとえJALカードSuicaを登録しているApple Payで支払っても、マイルは2倍にはなりません。

実質はJALカードSuicaから支払っているのには変わりありませんが、店頭での扱いはJALカードSuicaではなくApple Payの扱いになるため、特約が付かなくなってしまいます。

よく使う方は特に、ポイントのたまり具合は気になるところだと思いますのでこの点にも注意をしてください。