iPhone7から搭載された最新プロセッサApple A10

iPhone7/7 Plusから搭載されているA10 Fusionってなんだろう?

A10 FusionとはApple社が独自開発しているプロセッサーのことで、iPhoneを操作するうえで様々な制御機能やスピーディな処理能力を実現するために必要不可欠な存在となっています。

新型iPhoneが発表される度にその時々の最新式プロセッサーを搭載していることが多く、今回のiPhone7とiPhone7 Plusに搭載された最新式プロセッサーがA10 Fusionと呼ばれています。

A10 Fusionを前回のA9プロセッサーと比較するとその処理速度は40%にも上回り、前々回のA8プロセッサーと比較すれば約2倍の処理速度を実現することができています。

この処理速度というのは計算能力やグラフィック処理能力、ストレージの性能、メモリの読み書き処理速度、さらに、バッテリーの持続性にも関係しています。A10 Fusionをもっと詳しく知るために、A10 Fusionの処理能力を数字をまじえて見ていきます。

最新プロセッサーA10 Fusionだからこそ可能となったiPhone7/7 Plusの速度

iPhone7/7 PlusにA10 Fusionが搭載されたことで、様々な処理能力がアップしています。A10 Fusionの実力は、目で見て理解するよりも処理能力を測った数値を比較するとわかりやすいです。

ベンチマークでiPhone7の処理速度を実感

ベンチマークとはデバイスに搭載されているハードウェアやソフトウェアの処理速度を表す数値のことで、A10 Fusionが登場してから多くの人がその処理速度を計測し、これまでにない処理能力を実感しています。

注目のiPhone7のベンチマークスコアはシングルスコアが3233、マルチスコアが5363となっています。iPhone7とiPhone6sのベンチマークを比較すると、iPhone7のシングルスコアはiPhone6sの約35%もアップし、マルチスコアでは約22%も処理能力がアップしています。

このような処理能力の高いA10 FusionがiPhoneに搭載されることによって、3Dゲーム等の高度なグラフィック処理も快適に行うことができています。しかし、グラフィック性能に関してはiPhone7よりもiPhone7 Plusの方が目に見えて優れた処理速度の結果がでており、グラフィック性能によってiPhone7よりもiPhone7 Plusを選ぶ人もいます。

A10 Fusionはコア数が4つでバッテリー効率がアップしている

iPhone7/7 Plusから搭載されたA10 Fusionの最大の特徴はコア数が4つになったということです。

従来のプロセッサーA9では、コア数が2つでバッテリーの消費量が気になる原因となっていましたが、iPhone7/7 Plusからコア数が倍の4つとなり、バッテリーの持続性が格段にアップしています。

しかも、iPhone7/7 Plusに搭載される4つのコアというのは、消費電力が少なくて処理速度が遅いコアと消費電力が多く処理速度が早いコアといった2種類のコアを合計4つ搭載しており、iPhoneの操作内容によって自動でコアを使い分けてくれるので、バッテリー効率が格段にアップしているのです。

まとめ、A10 Fusionの大きな特徴は2つ

A10 Fusionの大きな特徴として、処理能力の速さとバッテリーの駆動時間の長さが挙げられます。処理能力がアップしたことでiPhoneの操作をより快適に、動画の視聴や高画質なゲームを利用するのにも役立っています。

iPhone7/7 Plusから2種類のデュアルコアが採用されたことによって駆動時間が大幅アップしたこともA10 Fusionの大きな特徴で、今後のさらなる可能性が感じられます。

多彩な新機能!iPhone7なら高品質な音楽が楽しめる!

音楽好きにはたまらない!iPhone7の高品質音楽機能

iPhone7に搭載されたミュージック系の機能は従来のiPhoneと一線を画し、音楽好きな人はもちろん、そうでない人の間でも注目を集めています。iPhone7の最大の特徴は従来のiPhoneやその他スマートフォンに必ずと言っていいほど搭載されているイヤホンジャックを廃止していることです。

イヤホンジャックの廃止に加えてスピーカーをステレオタイプに変更したことで、Lightning接続やBluetooth接続で音楽を楽しむことが可能となりました。良質な音楽をスマートに楽しむことができるiPhone7は、これまでのライフスタイルに画期的なイノベーションをもたらしてくれます。

ここではiPhone7に搭載された様々な音楽機能を詳しくご説明していきます。

iPhone7に搭載されたミュージック系新機能を詳しくご紹介!

Apple Musicを最大限楽しむなら大容量のiPhone7で

2015年から提供されはじめたApple Musicとは、Apple社が提供する音楽配信サービスのことです。Apple Musicを利用すれば、月額利用料のみで無制限に音楽を楽しむことができます。

Apple MusicはiPhone7で利用することはもちろん、iOS8.4以降なら従来のiPhone、iPad、iPod touch等々、様々なデバイスでも利用することができます。今後のApple Musicは、より高音質でデータ容量の重いハイレゾ対応されることが予想されます。このために、iphone7/7Plusのデータ容量は、32GB、126GB、256GBの大容量モデル指向になってきていると推測することができます。

音楽や映画のデータ容量が重くなると通信に時間がかかるので、基本はデバイスに保存したメディアを楽しむことが想定されています。このため、Apple Musicを最大限楽しむために、iPhone7の大容量タイプが人気を得ているのです。

イヤホンジャックの廃止でスマートに音楽を楽める

iPhone7からイヤホンを接続するためのイヤホンジャックが廃止され、Lightning接続で音楽を楽しめるようになりました。iphone7本体を購入することでLightning接続ができるイヤホンがついてきます。

イヤホンがLightning接続になるということは、当然、充電をする部分とイヤホンを接続する部分が同じになるということです。つまり、充電をしている最中は付属のLightningイヤホンが接続できなくなります。

このため、別売りで有線が排除されたBluetooth接続のAirPodsという商品が用意されています。AirPodsを利用することで、わずらわしい有線から解放され、iPhoneを持ち歩かなくても自由に動き回ることができます。

一方で、有線のイヤホンを楽しみたいという人のために、Lightning Dockというイヤホンジャックが搭載されているiPhone充電器も発売されています。AirPodsやLightning DockといったiPhone7本体と別売りの商品を利用することで、さらに音楽ライフを自分好みにカスタマイズすることができます。

また、iPhone7でイヤホンジャックが廃止されたことで従来にはなかった耐水性がアップしています。これまでにiPhoneを水没させてしまったことがある人にとっては朗報な機能ともいえます。

ステレオスピーカー搭載でihone7単体で良質な音楽を楽しめる

これまでのiPhoneにもスピーカーはついていましたが、下部の1ヶ所だけでした。iPhone7からは上部と下部の2か所にスピーカーが搭載され、イヤホンや別途スピーカーなどと接続しなくても大音量の音質を楽しむことができるようになります。

iPhone念願の防塵防水機能IP68とはどの程度?

世界中が待ち望んだiPhone7の変更点

世界中で大人気のApple iPhoneですが、2016年に最新の「iPhone7」が発売されました。前型のiPhone6より大きな変更点がいくつもあり、スペックの向上もさることながら、画面の大型化、バッテリー強化、Apple PayやSuicaなどの電子決済機能のFelica搭載などがあります。

しかしそれ以上に、世界中が待ち望んだ変更点として「防水・防塵機能」が上げられます。

防水防塵機能は、SONYやNEC、または海外ブランドのAndroid端末ではいくつも対応した機種が出ており、キャンプやレジャーなどのアウトドアで濡れたり汚れたりするシーンで活躍してきました。

しかしiPhone6までのApple製端末には、スマホ、タブレットの防塵防水規格の端末は発売されておらず、Appleの泣き所の一つとなってきました。

アウトドアで使うシーンが多かったり、雨の降る現場で携帯を使ったりしたいときには、Androidの防塵防水端末を選ぶか、iPhoneにゴツい防水ケースを取り付けて無理やり使うかでした。

しかしiPhone7になってようやく、待望の防塵・防水機能が踏査されたわけです。

iPhone7の防塵、防水性はどのぐらい?

一口に防水、防塵、といってもそれぞれ規格があり、IEC(国際電気標準会議)によって定められている防水・防塵の保護規格「IPXX」表示されます。(XXにはそれぞれ防塵規格、防水企画の数字が入る)

iPhone7の場合防水防塵規格は「IP67」となっており、防塵規格が6、防水規格が7であることを表しています。

  • 防塵規格は1~6までランクに分かれており、防塵規格6は最高規格です。6の基準は「粉塵が内部に侵入しない」となっているので、とても細かい砂ボコリまでブロックできていることになります。
  • 防水規格は1~8までランクに分かれており、防水規格7はかなりの高性能です。規格上「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」となっており、雨やシャワーがかかった程度の水かかりは完全対応、ちょっとした水たまり程度なら水没しても対応できているというわけです。

Android端末の中にはIPX8に対応したものも出ており水没にも完全対応していますが、生活シーンのみならずアウトドア程度であれば、IP68の規格を満足していれば問題ないでしょう。

しかし防塵・防水に対応したがために、充電端子には防水性を持たせたフタが付くようになり、充電の時などにはフタを開くひと手間が増えました。

またイヤホンジャックはそもそも穴自体設定されておらず、iPhone付属のイヤホンはLightningケーブルの差込口にセットするものが付いてきます。しかしそうやってイヤホンを接続している間はiPhone7のウリである防塵・防水機能はなくなっているも同然です。また充電端子を使いますので充電しながら音楽を聴くといった芸当は使えません。

その為別売りですがApple純正でBluetoothイヤホンが別売りされており、ケーブルやイヤホン端子がなく耳に入れる部分だけのイヤホンとなっています。もし純正イヤホンの音質に満足できない場合は、別途Bluetoothイヤホンを新調したほうがスマートに使えるでしょう。

iPhone7でようやく実装された防塵・防水機能ですので、iPhone7を持ち歩く際には必ず充電端子をしっかり閉めておけばとっさの雨などは気にしなくてよくなります。

また防水だからと言って安易に水没させるのは危険ですので、せいぜいお風呂に持ち込んでシャワーが当たるぐらいの環境で使用するようにしましょう。また防水とはいってもスピーカーやマイクなどの穴の部分に水が入りますので、濡れた後はしっかりふき取り乾燥させるようにしましょう。

新機能!Apple Payでできる様になったことと注意点

Apple Payで、新しくできるようになったこと

まずはApplepayの搭載により、新しくできる様になったことを簡単に説明させていただきます。

モバイルSuicaの利用

Applepayの搭載により、iPhoneをSuicaと連携させ、定期券としての使用やチャージして電車やバスに乗ることが可能になりました。そのため、改札でiPhoneをかざせば通れるという便利さが加わりました。

クレジットカードとの連携

クレジットカードとの連携により、他社で採用されていたおサイフケータイと同じような機能を持つことが出来ました。

それにより、以下の利用が可能となります。

店頭で、キャッシュレス支払いが可能

現在、QUICPayやiDが使える店舗であれば、クレジットカードを登録しているiPhoneで支払いが可能となります。

ネットショッピングの支払いが可能

ネットショッピングを利用する際にも、クレジットカードをわざわざサイト上で登録したり入力したりしなくても、Apple Payを選択するだけで事前に登録したクレジットカードに請求が来ますので、大変管理しやすくなりました。

Apple Pay使用にあたっての注意点

次に、便利になったiPhoneですが、Apple Payを使用するにあたっていくつか注意点をあげておきますので参考にしてみてください。。

モバイルSuicaの注意点

モバイルSuicaとしてApple Payを利用する場合の注意点は以下です。

定期券として使えるのは今のところ、JR東日本エリアのみ

定期券としてSuicaを使えるのは今のところ、JR東日本エリアのみとなっているため、iPhoneを定期代わりにするのはJR東日本エリアのみとなります。

ただし、定期ではなくチャージなどで普通に電車やバスを利用するだけであれば、ICOCAエリアなどほかの相互利用が可能な区間でも問題なく利用することが出来ます。

電源が落ちると全く使えなくなる

帰宅途中に、携帯の電源が切れてしまった…ということがよくある人は要注意です。
iPhoneは、一旦電池がなくなり電源が落ちると、モバイルSuicaも使えなくなります。
その為、電車に乗っている間に電源が落ちてしまうと、モバイルSuicaで改札を出ることが出来なくなってしまいます。

iPhone以外の従来のおサイフケータイ機能のスマートフォンのほとんどは、電池がなくなってもフェリカを起動させるだけの電池は残した状態で電源が落ちるようになっているため、電池が切れて電源が落ちても、完全に放電するまでは改札を通ることが出来るのですが、iPhoneについては残念ながら、電源が落ちた時点で改札を通ることが出来なくなるので注意しましょう。

おサイフケータイとして使う場合の注意点

おサイフケータイとして使い場合の大きな注意点として、ポイントの付与について触れておきます。JALカードSuicaを支払い用のクレジットカードとして登録する場合に限られますが、マイル精算に違いが出てくるので注意してください。

詳しく言うと、現在JALカードSuicaはファミリーマートやエネオスなど特約店での利用で、マイルが2倍溜まるというシステムをとっていますが、たとえJALカードSuicaを登録しているApple Payで支払っても、マイルは2倍にはなりません。

実質はJALカードSuicaから支払っているのには変わりありませんが、店頭での扱いはJALカードSuicaではなくApple Payの扱いになるため、特約が付かなくなってしまいます。

よく使う方は特に、ポイントのたまり具合は気になるところだと思いますのでこの点にも注意をしてください。