iPhone念願の防塵防水機能IP68とはどの程度?

世界中が待ち望んだiPhone7の変更点

世界中で大人気のApple iPhoneですが、2016年に最新の「iPhone7」が発売されました。前型のiPhone6より大きな変更点がいくつもあり、スペックの向上もさることながら、画面の大型化、バッテリー強化、Apple PayやSuicaなどの電子決済機能のFelica搭載などがあります。

しかしそれ以上に、世界中が待ち望んだ変更点として「防水・防塵機能」が上げられます。

防水防塵機能は、SONYやNEC、または海外ブランドのAndroid端末ではいくつも対応した機種が出ており、キャンプやレジャーなどのアウトドアで濡れたり汚れたりするシーンで活躍してきました。

しかしiPhone6までのApple製端末には、スマホ、タブレットの防塵防水規格の端末は発売されておらず、Appleの泣き所の一つとなってきました。

アウトドアで使うシーンが多かったり、雨の降る現場で携帯を使ったりしたいときには、Androidの防塵防水端末を選ぶか、iPhoneにゴツい防水ケースを取り付けて無理やり使うかでした。

しかしiPhone7になってようやく、待望の防塵・防水機能が踏査されたわけです。

iPhone7の防塵、防水性はどのぐらい?

一口に防水、防塵、といってもそれぞれ規格があり、IEC(国際電気標準会議)によって定められている防水・防塵の保護規格「IPXX」表示されます。(XXにはそれぞれ防塵規格、防水企画の数字が入る)

iPhone7の場合防水防塵規格は「IP67」となっており、防塵規格が6、防水規格が7であることを表しています。

  • 防塵規格は1~6までランクに分かれており、防塵規格6は最高規格です。6の基準は「粉塵が内部に侵入しない」となっているので、とても細かい砂ボコリまでブロックできていることになります。
  • 防水規格は1~8までランクに分かれており、防水規格7はかなりの高性能です。規格上「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」となっており、雨やシャワーがかかった程度の水かかりは完全対応、ちょっとした水たまり程度なら水没しても対応できているというわけです。

Android端末の中にはIPX8に対応したものも出ており水没にも完全対応していますが、生活シーンのみならずアウトドア程度であれば、IP68の規格を満足していれば問題ないでしょう。

しかし防塵・防水に対応したがために、充電端子には防水性を持たせたフタが付くようになり、充電の時などにはフタを開くひと手間が増えました。

またイヤホンジャックはそもそも穴自体設定されておらず、iPhone付属のイヤホンはLightningケーブルの差込口にセットするものが付いてきます。しかしそうやってイヤホンを接続している間はiPhone7のウリである防塵・防水機能はなくなっているも同然です。また充電端子を使いますので充電しながら音楽を聴くといった芸当は使えません。

その為別売りですがApple純正でBluetoothイヤホンが別売りされており、ケーブルやイヤホン端子がなく耳に入れる部分だけのイヤホンとなっています。もし純正イヤホンの音質に満足できない場合は、別途Bluetoothイヤホンを新調したほうがスマートに使えるでしょう。

iPhone7でようやく実装された防塵・防水機能ですので、iPhone7を持ち歩く際には必ず充電端子をしっかり閉めておけばとっさの雨などは気にしなくてよくなります。

また防水だからと言って安易に水没させるのは危険ですので、せいぜいお風呂に持ち込んでシャワーが当たるぐらいの環境で使用するようにしましょう。また防水とはいってもスピーカーやマイクなどの穴の部分に水が入りますので、濡れた後はしっかりふき取り乾燥させるようにしましょう。